Menu

ダートフィッシュを導入したきっかけ

際にプロ野球現場で使う分析ツールを子ども達にも」

 ダートフィッシュは、トップアスリートの現場で動作やゲーム分析用途でご活用いただいている事例が数多くありますが、今回は子どもたちに野球を教える教室・習い事の教育ツールとして、ソフトウェアを使いこなしているジュニアバッティングスクール様に取材してきました。

ジュニアバッティングスクール様へインタビューをするダートフィッシュ矢上

こんにちは。ダートフィッシュ・ジャパンの矢上です。

今回は子どもたちに野球をわかりやすく教える環境が整っている教室に取材してきました。

ジュニアバッティングスクール様へインタビューをするダートフィッシュ矢上

佐伯さん、本日はよろしくお願いします。

1989-98西武ライオンズ所属。元プロ野球選手だった経験を活かし、子どもたちのポテンシャルを最大限に引き出す指導を行っている。|ダートフィッシュ・ジャパン | Dartfish | Dartfish

今回のインタビューイーの佐伯さん。1989-98西武ライオンズ所属。元プロ野球選手だった経験を活かし、子どもたちのポテンシャルを最大限に引き出す指導を行っている。

ダートフィッシュ導入事例インタビューに答えるジュニアバッティングスクールの佐伯様

よろしくお願いします。

ジュニアバッティングスクール様へインタビューをするダートフィッシュ矢上

ジュニアバッティングスクールでは一体どんなことをされているのですか?

ダートフィッシュ導入事例インタビューに答えるジュニアバッティングスクールの佐伯様

ジュニアバッティングスクール(JBS)は、小中学生を対象に東京、大阪、名古屋など全国160校で開校している野球教室です。

私はオーナーとして久米川校と調布校にてスクールを開校し、ダートフィッシュを使ってバッティングやトレーニング指導を行っています。

国際ハンドボール連盟(International Handball Federation - IHF)もダートフィッシュを活用しており、審判員の教育ツールとして重要なシーンをいつでも視聴できる環境が整っている。|ダートフィッシュ・ジャパン | Dartfish 国際ハンドボール連盟(International Handball Federation - IHF)もダートフィッシュを活用しており、審判員の教育ツールとして重要なシーンをいつでも視聴できる環境が整っている。|ダートフィッシュ・ジャパン | Dartfish

多くのプロ野球球団でもご活用いただいているダートフィッシュ・ソフトウェアやソリューションが、子どもの野球教室に導入されている。集団で学ぶ教室ではカバーしきれない、きめ細かい指導を個別に行っている。

ジュニアバッティングスクール様へインタビューをするダートフィッシュ矢上

ダートフィッシュについては、どこで知ったのでしょうか?

ダートフィッシュ導入事例インタビューに答えるジュニアバッティングスクールの佐伯様

フォーメーションなどチームを意識した練習が多い種目と異なり、野球は、個人のフォームが重要だと思っています。

最近のゴルフ教室は映像を見ながらフォームの指導をする環境が整っている印象があります。似たようなものを野球教室でもやりたいと思っていました。

今後、唯一無二の野球教室を広げていくためには、多くのプロ現場で使われている最新のフィードバックツールを取り入れないといけないと思い、SDB(スポーツデータバンク社)に相談したところダートフィッシュの名が挙がったのがきっかけです。

個人のバッティングスクールでもプロ選手が活用するものと全く同じツールが導入されている。|ダートフィッシュ・ジャパン | Dartfish

スクール中は、線を描いたりする即時フィードバックで指導を行っているが、スクール終了後には各教室からのクラウドに保存された映像をソフトウェアで読み込み、サイマルカムやアナライザー機能でより高度な分析を行っている。撮影した映像は受講生毎にまとめて管理をしているとのこと。他の受講生の映像は見れないようセキュリティーを強化しており、スクール終了後、自分のフィードバック映像のみが共有され練習に役立てている。


用途に応じてタブレット端末とPCを使い分ける

影した映像と分析内容は、どこでも閲覧可能」

ジュニアバッティングスクール様へインタビューをするダートフィッシュ矢上

導入されて1年目ですが、普段の現場で活用している一連の流れを教えてください。

ダートフィッシュ導入事例インタビューに答えるジュニアバッティングスクールの佐伯様

撮影、その場でフィードバック、クラウド経由の映像共有の流れで活用しています。

ダートフィッシュは撮影、分析、共有まですべてソフトウェア1つで行う。神奈川県ハンドボール協会では最終的に分析したハイライト映像を審判員たちに共有している。|ダートフィッシュ・ジャパン | Dartfish

ダートフィッシュは撮影、分析、共有まですべてソフトウェア1つで行う。佐伯さんが指導している教室では、その場でフィードバックした映像をレッスン終わりに保護者に共有して閲覧できるようになっている。教室に通う効果があるのか実際に映像で見て実感いただけるとのこと。

ダートフィッシュ導入事例インタビューに答えるジュニアバッティングスクールの佐伯様

各教室にはタブレット端末を持ったコーチがいて、myDartfish Expressを使って子どもがバッティングするフォームを撮影します。

撮影後はすぐにその場で、映像上に線や図形を描いて具体的に「何が良かったのか、悪かったのか」を明確にしながらアドバイスをしています。

ダートフィッシュ導入事例インタビューに答えるジュニアバッティングスクールの佐伯様

このようなアングルで撮影することが多いです。

バッティングセンターなどで指導するケースが多いため、撮影環境はスクール毎に異なる。そのため、環境に合わせて柔軟に撮影と分析ができるタブレット端末の方が良いとのこと。

バッティングセンターなどで指導するケースが多いため、撮影環境はスクール毎に異なる。そのため、環境に合わせて柔軟に撮影と分析ができるタブレット端末の方が良いとのこと。

ジュニアバッティングスクール様へインタビューをするダートフィッシュ矢上

myDartfish Expressアプリを活用されているのですね!

確かにExpressアプリでは、バッティングセンターのような狭い現場でも最小限の撮影、分析、共有ができます。

よく使う機能は何ですか?

myDartfish Expressアプリ:当社にてmyDartfish商品を購入いただくことでインストールならびにご利用いただけます。

ダートフィッシュ導入事例インタビューに答えるジュニアバッティングスクールの佐伯様

たくさん便利な機能がありますが、中でも「2画面比較」は指導前後の違いを簡単に見比べることができるのでよく使っています。子ども達も練習効果を実感できるようです。

映像を用いて生徒一人ひとりに合わせた指導を行い、日頃の練習に役立てている。この映像は上半身の傾きを改善してスイング軌道の修正をした様子を2画面比較で確認している。※記事のため画質や速度を落としています。

ジュニアバッティングスクール様へインタビューをするダートフィッシュ矢上

教室が終わったあとの映像は、どのように活用していますか?

ダートフィッシュ導入事例インタビューに答えるジュニアバッティングスクールの佐伯様

各教室で撮影した映像はクラウドに保存をして、PCのソフトウェアにインポートしております。

教室の限られた時間ではできないような高度な分析を行い、完成した映像をダートフィッシュtvにアップし、各生徒、自分の映像のみを振り返りで閲覧できるようしています。

Expressアプリで即時フィードバックした後は、クラウドに自動で映像が保存され、ソフトウェアでも読み込んで分析ができる。

ダートフィッシュtvで生徒毎にコレクションを作成し、教室後に分析映像が更新されていく仕組みになっている。自分以外の映像は見れないように制限されている。

ダートフィッシュtvで生徒毎にコレクションを作成し、教室後に分析映像が更新されていく仕組みになっている。自分以外の映像は見れないように制限されている。

ジュニアバッティングスクール様へインタビューをするダートフィッシュ矢上

ダートフィッシュtvは、直接ソフトウェアからアップロードを行うため、他社の動画配信ツールを使用することなく動画を簡単に共有することができます。

実際に利用している生徒や保護者のリアクションはいかがですか?

ダートフィッシュ導入事例インタビューに答えるジュニアバッティングスクールの佐伯様

映像で自分のフォームを客観的に見るのが初めてという生徒は、その場でフォームの変化を見ることができるスピード感に驚いています。

そして保護者のリアクションも大変良いです。「教室に来ることができない父親にも見せたいので、映像がほしい」というお声が増えました。分析映像を共有しているので、家でもフィードバックができる他、子どもの成長を実感いただいています。


豊富な機能をどう活用していくか

リキュラムに応じた機能を使用」

ジュニアバッティングスクール様へインタビューをするダートフィッシュ矢上

現在は現場の即時フィードバックをメインにされていますが、今後どのようにソフトウェアを活用していきたいか教えてください。

ダートフィッシュ導入事例インタビューに答えるジュニアバッティングスクールの佐伯様

指導レベルに応じて、いくつかパターンに分けたカリキュラムを開設予定です。

より細かな技術指導(バッティング、守備、走塁、送球)が求められる内容を受ける場合は、残像を表示させるストロモーションや、お手本と重ね合わせるサイマルカム、重要なシーンに対してコメントを残すことができるアナライザーを活用できるといいなと思います。

動作の一連の流れを分解し残像表示する「ストロモーション機能」※記事のため画質や速度を落としています。

比較したい映像を合成し1つの映像として表示する「サイマルカム機能」

比較したい映像を合成し1つの映像として表示する「サイマルカム機能」

アナライザーのキーポジション機能を利用することで、映像内の重要なシーンを静止画登録が可能。これにより重要シーンに分析を追加したり、音声コメントを吹き込んで教育コンテンツを作成する。

アナライザーのキーポジション機能を利用することで、映像内の重要なシーンを静止画登録が可能。これにより重要シーンに分析を追加したり、音声コメントを吹き込んで教育コンテンツを作成する。

ジュニアバッティングスクール様へインタビューをするダートフィッシュ矢上

指導レベルによって、活用する機能を選ぶのは面白いですね!より生徒に合った練習やフィードバックを提供できそうです。

ここまで、至れり尽くせりの教室はなかなかないと思います。

ダートフィッシュ導入事例インタビューに答えるジュニアバッティングスクールの佐伯様

ダートフィッシュは機能が豊富でできることがたくさんあるので、指導に最適な機能を選んでいる状況です。

使用方法が分からない時は、ガイドブックを読んだり、ダートフィッシュのサポートに電話をしてレクチャーを受けて教室のブラッシュアップに役立てています。


限られた時間でベストな指導を行いたい

んな方に使っていただきたい」

ジュニアバッティングスクール様へインタビューをするダートフィッシュ矢上

今後どんな方にダートフィッシュを使っていただきたいですか?

ダートフィッシュ導入事例インタビューに答えるジュニアバッティングスクールの佐伯様

野球指導者には是非ダートフィッシュを使ってほしいです。

多くの生徒は自分のフォームを客観的に見たことがないため、指導してすぐに体得できるまでに時間がかかってしまいます。

指導者は本当に正しいフォームを理解しながら指導ができているのか?ダートフィッシュなら動作を可視化して具体的なイメージをもってもらうことができます。

ジュニアバッティングスクール様へインタビューをするダートフィッシュ矢上

より確かなアドバイスやイメージの共有を行いたい方は特におすすめです。

お手本の動作と比較することで、自分は最終的にどんなフォームになっていれば良いのか目標を定めることもできるので、現場の指導ツールとして最適です。

ジュニアバッティングスクール様へインタビューをするダートフィッシュ矢上

最後に今後の展望を教えてください!

ダートフィッシュ導入事例インタビューに答えるジュニアバッティングスクールの佐伯様

多くの子ども達が野球を始める小学校3,4年生から高校卒業までは約10年間しかありません。限られた時間でしか野球ができない子に一番伸びる方法を教えてあげたいと思っています。その子に沿ったベストな教え方をして、野球は楽しいということを伝えたい。

少年野球チームのコーチも担当しているため、ダートフィッシュで結果を残すべく、今後も積極的に活用します。

ジュニアバッティングスクール様へインタビューをするダートフィッシュ矢上

今後の参考にさせていただきます。

本日はどうもありがとうございました。今後もダートフィッシュ・ジャパンをよろしくお願いします。


【JBS(ジュニアバッティングスクール)について】

全国に160校。1万人以上の選手を輩出していきた個人指導型野球スクール。一人ひとりの個人カルテで生徒さんの上達レベルを管理。集団指導ではカバーしきれないきめ細かな指導を行っています。

JBSのHPはこちら

ダートフィッシュをハンドボール審判教育ツールとして活用する神奈川県ハンドボール協会審判委員長の本田 昭太様

【インタビューイー】

佐伯 秀喜 (さえき ひでき)

zhi!佐伯野球道 代表
東京都日野市出身
1989年度ドラフト会議にて西武ライオンズから5位指名を受けて入団。
高校卒で5人目となる初打席初ホームランを記録。
1998年西武ライオンズを退団し、その後はJBS(ジュニアバッティングスクール)久米川校、調布校のオーナーになる。
中学軟式野球 府中ポパイコーチに就任、現在に至る。

国際ハンドボール連盟(International Handball Federation - IHF)もダートフィッシュを活用しており、審判員の教育ツールとして重要なシーンをいつでも視聴できる環境が整っている。|ダートフィッシュ・ジャパン | Dartfish

JBSの他、佐伯様の指導はzhi!佐伯野球道でも受けることができる。プロ野球選手を本気で目指す方を対象に徹底的な指導を行っている。WEBページは近日公開予定


「実際にソフトウェアをご覧になりませんか?」

世界各国で特許を取得した高度な映像処理技術と、誰もが直感的に操作できるインターフェイスを採用した映像分析ソフトウェア映像の撮影から分析、そして共有をダートフィッシュ・ソフトウェア1本で可能にします。

個人・法人問わず多くのお客様が、実際にカタログとソフトウェアをご覧になってからご購入いただいております。

ProSを使って動画にグラフィカルな図形を表示して分析しましょう。

お問い合わせ・お見積りはこちら

デモ希望・ご注文はこちら

カタログ・資料はこちら

無料ダウンロードへ

随時資料を更新中

この記事が気に入ったら
シェアしよう!


ダートフィッシュ矢上

今回のインタビューワー

矢上

ダートフィッシュ・ジャパン営業スタッフ

ダートフィッシュ佐々木

この記事を書いた人

SEO

ダートフィッシュの導入事例記事やWebコンテンツを制作しています。

この人が書いた他の記事

こちらの記事も多く読まれています