番組の解説でダートフィッシュ

功の理由は何だったのか、見える化」

 番組内では、注目選手のジャンプを合成表示(サイマルカム)し、また、残像表示(ストロモーション)を利用して、選手の踏切りの違いを比較表示しました。

 それに加え、解説者によるタッチペンの説明や、選手が自分の映像を振り返り解説を加えたことで、ジャンプの違いがよりわかりやすく表現されていました!

  • スキージャンプの瞬間の残像表示の画像

    スキージャンプのリプレイにてサイマルカム(合成表示)が使われました。

  • 2人の選手の残像表示を比較している様子

    2人の選手の踏切りの瞬間をストロモーション(残像表示)で比較しました。

  • テレビ番組の解説映像にサイマルカム機能を利用されている様子

    番組内の解説でサイマルカム(合成表示)も使われました。


言葉では伝えきれないことがある

「インパクトのある映像コンテンツを」

 ダートフィッシュ・ジャパンではスポーツ中継・番組を中心に、サイマルカム(合成表示)やストロモーション(残像表示)を使用した映像コンテンツの制作・提供を承っております。

 番組内にて当社の映像処理技術の利用をご検討されている場合や、デモのご要望等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。また、取材も随時受け付けております。

世界で使われている映像技術のデモンストレーションを受けてみませんか?

  • 生放送現場でダートフィッシュ・ソフトウェアが導入されている様子

    数多くの放送現場でもご活用いただいております。

  • 2人の選手の残像表示を比較している様子

    ダートフィッシュ・ジャパンは「撮影、分析、共有までのトータルソリューション」であらゆるニーズにお応えします。

放送コンテンツに関するご相談はこちら


こちらの記事もおすすめです